つぶやき | くすのき幼稚園

つぶやき

つぶやき

くすのき幼稚園

 

 

家族と子ども達の心温まる会話・・・それが「つぶやき 」です

 

令和3年度

年長

祖父母のお家からの帰り道。
子:「あ!!!うさぎやぁ!!!」と、大声で。
よく野うさぎが出る所なので、母がうさぎを探していると・・・
子:「もぉー、めっちゃキレイ♪ほら、うさぎー♪」
と、まさかの満月の事でした。

サンタさんから、クリスマスプレゼントをもらった朝、
「マンションの管理人さんにサンタさんが防犯カメラに映って
ないか聞いて。」と懇願していました。
「自分で聞いてごらん。」
と言ったら恥ずかしくてまだ聞けていない様です。

母:「今日猫の日やって。」
子:「そうやで。幼稚園で先生が言ってたで。
ニャーニャーやからな。そしたら明日は、
ニャーニャースリーなん?」
何の日よ。(笑)

娘にとって、鬼は怖い存在です。
子:「“鬼に金棒”ってどういう意味なの?」
母:「ただでさえ鬼は強いのに、金棒みたいに強い武器を持ったら、
もう誰もかなわないでしょ?」
子:「私なら鬼をやっつけたことあるで!豆でね!」

いちごが大好きな息子。一気に食べるより
少しずつ長い日数をかけて食べたい様子。
母:「いちごは、腐りやすいから早く食べないと…。」
子:「掃除しないからアカンねん。
掃除したら腐らないで!家も掃除してるから腐ってないやろ!」
先日、白アリ業者と話してるのを聞いて
いちごにも、あてはまると考えたようです(笑)

子:「(自分の名前)、昔1人ぼっちの時あったで!
その時、ハトさんがお空まで連れて行ってくれて、それでこのお家が
いい!って言って、ママのお腹の中にこっそり入ってん!」
母:「えぇー!そんな事あったんやー!! 選んでくれてありがとう♡」
とてもメルヘンチックな心温まるエピソードでした。

寝起きの一言。
子:「あそこのマンション、とうもろこしみたーい!」
母:「とうもろこし!?」
子:「電気ついてる所がコーンで、黒い所が
もう食べたとこ!」
窓からマンションを見ていると、薄暗い中
綺麗に電気が並んで黄色く光っており、
とうもろこしの様でした。
朝から食い意地が張った息子らしい発言でした。

ある日曜日の朝、布団の中でぬくぬくとしていた時、
母:「今日はみんな休みだね~。」
子:「でも、お母さんにはお仕事があります!」
母:「何!?」
子:「私をお布団から抱っこしなければなりません!」
まだまだ甘えん坊です。

小学校入学グッズで筆箱を購入。
子:「うわー!えんぴつがいっぱい入るね!」
母:「いっぱい勉強できるね!」
子:「うわー!消しゴム入れるところも、削り器も入るね!」
母:「いっぱい入るね!」
子:「うわー!後ろ側には虫もいっぱい入るね!」
母:「そこは定規を入れるんだよ!?」


年中

コマ大会に向けて、連日コマの猛特訓。
なかなか上手に回せない日が続きましたが…足を開き、真っ直ぐ持ち、
前を見て…えいっ!
「回った!!」
初めて回せた瞬間、目には涙が。
「嬉しくても涙って出るんやな。」
息子の初めての嬉し涙に親も思わず、
もらい泣きしてしまいました。

雪がうっすらと積もったお庭を見て、
子:「わぁ、お砂糖パラパラ~ってしたみたいだね。」
…雪が美味しそうに見えてきました。

庭に鳥が何かを落としていった時に
空を飛んでる鳥に向かって、
「鳥さ~ん、おやつ落としたよ~。」
と、一生懸命教えてあげていました。

ある晩、私の髪の毛を触りだした息子。
子:「ママ~髪の毛くくってあげる~♪」
母:「ありがとう!お願いします♡」
2分ほど髪の毛をひっぱられた後…。
子:「はい!できたよ~♪」
母:「可愛くできた?どれどれ。」
子:「みつあめ♡」
と満面の笑み。
母:「うん…。“みつあみ”ね…。そしてこれはねじってるだけ…。」
“みつあみ”と言う事も、結ぶ事も
まだまだ難しいようです(笑)

おひなまつり発表会が終わった後、
子:「かわいいドレス着て踊って、めっちゃ楽しかった。またやりたい~。」
母:「すごく上手やったよ。感動した!」
子:「大きくなったら絶対にアイドルになりたい。かわいい服いっぱい
着たい。」
初めてあんな大きなホールで、たくさんの人の前に出て発表できて、良い経験に
なったようです。終わった後の目はキラキラと輝いていました。

オリンピックを観戦していて、
子:「日本頑張れ~!」と応援していました。
そして自分もやりたくなったのか、
子:「大きくなったらオリンピック習う!」
母:「オリンピック習う?」
子:「うん!」
どの競技をしたいのか分かりません。

銭湯で電気風呂があったので
母:「ここに入ったらビリビリってするよ~。」
子:「え~?何のためにあるん?」
「あ!わかった!人を充電するためやな!!」

落ち葉を見て、サメの形に見えたみたいで
子:「サメだ~!葉っぱの上で、泳いでる~。」
少ししてから、
母:「サメどこ行った?」
って聞いてみたら、
子:「サメこわいから、こわしちゃったよ。」
って想像力豊かで、かわいく感じた
つぶやきでした。

出掛けて戻ると玄関で、
子:「あれ?どんぐり落ちてる!もしかして…もしかしたら!
トトロ来たんとちゃう?!」
母:「来たのかもね~。」
と、笑うと
子:「来た!来た!絶対にトトロ来たんだよ~!やった~!!」
と、大興奮している。
昨日公園で拾ってコートのポケットに
入れてたのが落ちてたのだけど…。
ほっこり、楽しい一時になりました。


年少

幼稚園で標識を習ってきてから、
「あれは、Uターン禁止。」
「あれは○○、あれは○○。」
と教えてくれるようになりました。
自分がストライダーで遊んでいる時も
「ここはUターンOK‼Uターンして戻ってくるからね!」
と、ばっちり使いこなしています。

「3匹の子豚」のオオカミをとても怖がっている(娘の名前)。
いつも「(自分の名前)は大きくなったらレンガの家
に住むねん。」と言っています。
ある時、道端でレンガでできている花壇を見て、
子:「お花もオオカミに吹き飛ばされたく
なかったんかなー?」
母:「いや、花壇はレンガやけど、お花は
レンガの上に咲いてるから飛んでいくんじゃない?」
何でもレンガ=オオカミの発想になっているのが面白かったです。

お茶碗のごはんにふりかけをかけていた時、かけ過ぎないよう、母が
「そろそろストップよ。」と言うと、
「まって!まだ世界中にかけてないから!」と。
おそらく「全体にかけていない。」と
言いたかったのだと思われます。

北京オリンピック期間中、
「えっ、どうやってこんなに回るん?!」
「見て!めっちゃすごい!どうやってこんなに速くすべってるん?!」
と大興奮の毎日。
子:「(自分の名前)もオリンピック出たくなったわ。ビューンて跳ぶわ。」
母:「素敵やん。応援しているわ。」
子:「黒色のメダルってあるかな?(自分の名前)くん黒がかっこいいから好きやねん。」
好きなこと、好きなものがいっぱい見つかったらいいね。

娘と折り紙をしている時、次はこの折り紙で手紙書くわ!と、書いているのを見て
みると。
「サンタさん大好き。プレゼントありがとう。」
と書いていました。2月中旬…。今サンタさんに…?なんでサンタさんに書いたん?と聞くと、
「お礼伝えてなかったやろ~。」
との事。急に思い出したのが不思議な母でした。

祖父母とくつ屋さんへ行った出来事。
おじいちゃんがくつを選んで履こうとしたその時、
子:「ちゃんと履いてね!」
と自分の指をかかとに添えておじいちゃんに履かせてあげました。突然の息子の
行動に祖父母もほっこりしていたようです。

「りんごを○個持っています。お友だちから○個貰いました。
全部でいくつ?」
冬休みの日課CDを聴きながら自分の指を動かし、数を数えて
考えている様子。
さぁ、答えは?
「いっぱい!!!!!!」
あながち間違ってはないなって大笑いしました。

買い物へ行って、
「このおやつは明日の分だからね。」
と約束しながらレジへ行ったら、
レジのお姉さんに、(娘の名前)が、
「これは明日の分なの。」
と説明していておかしかったです。

シュークリームを食べて…。
「甘っぽさがお口に広がってから飛び散ってふわふわの感じが
周りにきて美味しかった。」
…との食レポ頂きました。


令和2年度

年長

お散歩している時、気持ちの良い風が吹きました。
母:「わぁ~良い空気!!」
子:「そうやね~、息ごちそうさま!!」

家でことわざかるたをみんなでしています。妹がすねているのを見て、
子:「わらうかどにはふくきたる!!」と、はげましています。

食べすぎ防止のために、ワカメを食べすぎたら「め」が出るとか、
炭酸を飲みすぎたら歯が溶けるとか言われているせいか、息子は、
鰹節を食べた日のお風呂で必ず
子:「今日はええ出汁出てるで。」
と、言ってきます。

晩御飯に薄揚げが出た際、厚揚げと薄揚げの説明をしていたら、
子:「じゃあ、さむあげもあるん?」と、聞いてきました。
厚揚げの厚を暑いと思ったようです(笑)

(娘の名前)がお餅を焼いて、きな粉を付けて全部一人で準備する事が出来ました。
子:「(自分の名前)が焼いたお餅、ふわふわで美味しい~。」
母:「それは(妹の名前)が1歳のお誕生日にお餅担ぎで担いだお餅だよ。」
子:「じゃあ、(自分の名前)と○○(妹)と○○(妹)とパパとママの気持ちが
いっぱい入ってるから美味しいんだね。」
素敵な事を言ってくれるなと思いました。

毎朝、登園途中の車の中から見える山の木々が紅葉していく様子を見て、
母:「わぁー!綺麗やね。昨日よりまた葉っぱの色が黄色、オレンジ…
あっちは赤に変わってるよ!!」
子:「僕が幼稚園で作品展のおみこしを一生懸命作ってるみたいに、
木さん達は夜の間に葉っぱにお絵描きしてるねんで。」
母:「そうなんや!?木さん達毎晩忙しいなー。」
子:「そうやねん、今1番僕も木さん達もめっちゃ忙しい季節やねん!!」と、
自慢気に話してくれました。

年長さんになってお手伝いもよくしてくれるようになり、
洗たくを干してくれたりします。
「(自分の名前)は、お兄ちゃんになったから、お手伝いしてあげるわな!!」
と言いながら、干してくれます。
別の日に、「(息子の名前)、お洗たく手伝って~。」と言うと、
「今日は赤ちゃんやから無理やねん!!」
都合良くお兄ちゃんと赤ちゃんを使いわけています。

子:「ママー!氷ってどうやって切ってるん?」
母:「冷蔵庫から切れて出てくるんやでー!」
子:「…冷蔵庫包丁持ってないのにねぇ…。」
自動製氷で出てくる氷を不思議そうに見ている姿が可愛かったです。

子:「あー。どうしよう」と天気予報を見て不安そうな表情の息子。
母:「どうしたの?」
子:「あのな、七夕の日雨やねん。
彦星さまと織り姫さまが会えないかもしれへん。可哀想。」
母:「本当だね」
子:「よし!てるてる坊主作るわ!」と張り切って作っていました。
次の日、本を見て、
子:「ママー!雨でもカササギが天の川に橋を作ってくれるねんて!」
七夕の夜、安心して眠りにつけました。

母:「大きくなったら何になりたいの?」と聞くと、
毎回違う夢を教えてくれます。
母:「いっぱいいろんな夢があっていいね。」
子:「じゃあママにも(自分の名前)の夢3こあげるわ。」と、
たくさん素敵な夢を語ってくれました。

子:「ママ、これみて!」と言ってガスの明細を渡してきた娘。
そこには、“いのちのははええ”とメモしてあり、
母:「これなに?」と聞くと、
子:「ストレスでイライラするときは、これを飲んだら良いって
テレビで見たからメモしといた。」
他にも
子:「しじみ習慣もいいみたい。」とCMの商品を紹介する娘。
テレビに影響受けすぎの娘に大笑いしました。

家族で神経衰弱のトランプ遊びをしようと並べていたら…。
母:「いつもより、間を離すんだね。」
子:「うん。トランプさんもソーシャルディスタンスですから。」
家族みんなで大笑いとなりました。
子どもながらにソーシャルディスタンスを理解しているんだね。

今朝、姉がお腹痛いとおさえていると、
「おならのさいぼーたまってるんちゃう?」とニッコリ。
細胞ってどこで覚えたん!?

休みの日、一日楽しく遊びに行ってきた後
夜が遅くなり、片付かないことに勝手に母がイライラ。
怒っていた時に、
「なんでせっかく楽しくお出かけした後に、イライラする必要があるんよ!」
と言われて、本当にそうだなぁと反省しました。
子どもに教えられることも増えて、成長を感じます。

家で夕食をみんなで食べていた時、
母:「このおかず失敗やなぁ。味薄いわ~。」
とつぶやいたら、
子:「お母さん大丈夫!味が足らんかったせいで、おいしいよ!」
と励まして(?)くれました。

天気予報を見ていた息子。
「お母さん大変!午後から雨が強がるらしいよ!」
真面目な顔でお天気を擬人化する姿を見て
可愛らしくて笑ってしまいました。

家の花壇を見て、寒くて枯れてしまった植物に、
子:「上着ないもんな。」
と、呟いていました。

「蛇口からカルピスを出すマジックをします!」
と言って、こっそり原液を入れたコップに水を入れるマジック(?!)を
見せた夜のこと。
用事でキッチンを離れている間に…。
子:「ここ(蛇口)からカルピス出しまーす!」
子:「あれ?カルピスの味せーへん。」
何度も繰り返します。
その声を聞きながら笑顔でキッチンに戻りましたが、
笑顔が凍るほどの状態になっていたことは言うまでもありません。

もうすぐクリスマス。
サンタさんにプレゼント何もらう?と聞いていた時、
子:「サンタさんになってみたいなぁ~。
人にいろんなものあげれるから!」
と言っていました。
その気持ちいつまでも大切にしてね。

“カタオモイ”という曲を聴いていたときのこと。
子:「ママ、なんで肩重いんやろうな?」
母:「“肩重い”じゃなくて、恋する片思いやで。」
と訂正しました。
子:「これいいつぶやきやな!早くメモしな忘れるで!」
すぐにメモしておきました。

一年生になったらを聞いて、
「友達100人も作られへん。
100人も名前覚えられへん。」
と本気で悩んでいました。

動物園に行った日の事。
母:「シロフクロウに会うと願い事が叶うらしいよ。」
と言うと、
子:「ふーん。」
と興味なさげな様子。
でも、帰ってから、寝る前にこっそりと
子:「今日シロフクロウにお願い事してん。
『体操のテスト合格できますように』って。」
と教えてくれました。
明日のテスト合格できるといいね。

幼稚園で卒園式の練習が始まった
ある日のお風呂で急に、
子:「幼稚園とお別れする日に歌う時、幼稚園休む!」
母:「何でなん!?」
子:「だって泣いちゃうから・・・。」
それを聞いてすでに泣きそうになった母でした。

「卒園したらランドセルして幼稚園行くねん。」
とまだまだ通うつもりだったみたいです(笑)


年中

母:「つぶやき、何て書こうかな…?」
と言っていると、
子:「つぶやき?食べたら?」
と、食べ物だと思っているようです(笑)

最近文字を読むことが楽しくなってきている息子。
じゅうたんと書いてある建物を通った時、
子:「じゅうたん!かわいい名前やな~」とキャラクタ-の名前やと思っている
息子にほっこりさせられました。

朝、ポップコーンの工場がTVで出ていたのを見て、
「あ~子どものころ好きだったな~。」と、しみじみ言ってて、
朝から笑っちゃいました。

雲一つない晴れた日の公園で飛行機雲を発見。
数日前にテレビでブルーインパルスがカラースモークで五輪を描いていたのを思い出したのか
子:「今日は白しかないねぇ。」とポツリ。
母:「でも白も綺麗やね。」
子:「何を描いてるんかな~?1かな~?」
母:「こりゃめちゃくちゃ長い1やなっ!」
二人で顔を見合わせて笑ってしまいました。

お兄ちゃんが小学1年生になり、1人で幼稚園に行くのが寂しい時は、
「(自分の名前)も小学生になるわ。」と言って、
お兄ちゃんのランドセルを背負っていました。
姿も発言も全部可愛かったです。

牛乳の入ったコップを見て、
子:「あ!お花や!」。泡がパチンとなくなって、
子:「あ!ちょうちょになった!」と嬉しそうに牛乳を飲んでいました。

最近悪い言葉を覚え注意していた最中、
父:「こんな悪い言葉は言ったらあかんで。ほんまに『おまえ』は~。」
子:「パパ、『おまえ』は悪い言葉だから言わないで!!」と、
悪い言葉の事を理解してもらえることを嬉しく思いつつ、
親として日頃綺麗な言葉を使わないといけないなと思う、今日この頃です。反省。

朝食、準備中、昨年はありとだんご虫に触れていなかったのに、
今年になってカブト虫やバッタを捕まえられる様になった息子。
夜寝る前に「明日の朝ごはん何?」と聞くので「蒸しパンにしようかな。」と言うと、
びっくりした顔で「何の虫入ってるん?」と、虫パンに聞こえるのでしょうね。

子:「ママ、いつもありがとうー。」
母:「いいよ。(息子の名前)がいつも頑張ってくれるからお母さんも頑張るで-。」
最近、日課になった掛け合いです。

子:「ママ見て!こののり『あたり』やで!!」
母:「え!?のりあたりやったん?」
子:「うん!やったぁ!!ここにほら…。」
・・・
(100gあたりのカロリー表示を見て、『あたり』だったと喜んでいました。
字が読めるようになって、毎日楽しそうです♪)

スイミングのテストの日。
子:「合格した!!」
と出てきた娘ですが、合格マークがない紙。
話を聞いてみると。
子:「自分の中では頑張ったから合格。」
との事でした。ポジティブな娘でした。

トイレでよくお話しをする(息子の名前)。
子:「ぼくね、練習いっぱいしたから跳び箱
7段跳べるようになってん!!」
母:「練習いっぱいしたんか。すごいなあ!!」
子:「100段まで跳べるようになったらお空におる
ジィジの所まで届くかな?
ジィジに久しぶりに逢いたいわ~。ジィジ元気かなぁ。」
なんだか奥深い話になりました。

捕まえた昆虫は絵を描いてから逃がすようにしているのですが、
ある日、黄色い蝶を見ながら、
子:「誰かに綺麗に色塗ってもらったんやなあ!」と、感心していました。

ある暑い日、
子:「あれ?(自分の名前)の自転車、こんな色やっけ?」
母:「日焼けしちゃったんだね。日に焼けると自転車、前の色より白くなっちゃったね。」
また別の日、
母:「暑いね~。ママ焼けそうやわ。」
子:「ママ焼けるの?じゃあママ白くなるね!」
母:「ううん。ママは日焼けしたら黒くなるねん。」
子:「えー!日焼けしたら白くなる時と黒くなる時があるん?なんで?」
自転車を見て考え込む小さな探偵がいました。

ちょっぴり、いんげんが苦手な(娘の名前)に、
「これ食べたら背、伸びるかもよ?
おまけに足もスラっと長くなるかも!」
嘘の効果を並べ、どうにか、いんげんを食べさせようと目論む母。
私に操られ、パクパクと完食した後日…。
出会う人、出会う人、みんなに
「見て見て~!(自分の名前)の足めっちゃ長いで!!
だって…いんげん食べたからさ!!!」
と得意気。いんげんパワー凄いね(笑)

家の前の長い坂道を車で走る時、いつも
「長い滑り台だ~~~!!」と言って嬉しそうにはしゃいでいます。
他の坂道では言わないのに、家の前の道だけ滑り台に見えているようです。

テレビで牛の乳搾りを見て、興味を持った息子と牧場に行く約束をして早一年。
先日、急に思い出した様で、
「ママ!いつになったら牛のオッパイつねるやつ連れてってくれるの!」と。
できるだけ早くつねりに…もとい、しぼりに行きたいと思います。

最近、自作の歌とクイズが好きな息子。
子:「これは、何の歌でしょうか?トゥルルル~♪」
父:「…わからんな~。」
子:「ヒントなし!答えなし!!」
答えなし!と言われる事が多いです。

いつも通る道。昨日まで花壇いっぱいに植えられていたお花が、1つもなくなっていた。
子:「あれ!お花がなくなってる!!寒いからみんなお家に帰ったのかな。」
母:「お家ってどこ?」
花壇に入れ替えられた新しい土を指さして、
子:「土の中。」
確かにこのふわふわの土の中は、暖かそうだなと思いました。

父が小銭を低い棚に置いて、弟(3歳)が、
手に取って遊んでいたのを見て、父が、
父:「コラ!(弟の名前)!、お金で遊ばない!」
子:「どこにでも置いてるパパが悪いんやろ!」
父:「ホンマ、その通り…」
最近、娘に叱られることが増えてきたパパとの会話でした。

子:「(自分の名前)時計少しよめるよ。」
母:「そうなんだ!すごいじゃん!!」
数日後・・・。
母:「ねぇ、(娘の名前)、ちょっと時計見て~。」
時計をみてじ~っとしている娘。
母:「何をしているの?」
子:「時計見てるよ。ママ言ったじゃん!!」

ある日、青空の綺麗な空を眺めて娘がため息。
母:「どうしたん?」と聞くと、
子:「今、地球の中におるんやな~と思って!」と…。
父:「えらい壮大な話するなぁ。」
確かに…。3人で笑顔になれました。

母:「今日は幼稚園でどんな事をしたの?」
子:「地震の避難訓練をしたよ。」
母:「何を教えてもらったんだろう?
(息子の名前)幼稚園で地震が来たらどうするの?ママにも教えて。」
子:「え~地震来たら?僕ママに会いたい。」
想像していた答えではありませんでしたが、不意に(息子の名前)の想いに触れ
思わず抱きしめてしまいました。

野菜が嫌いな息子。
給食の野菜も残したと報告してくる毎日ですが、
私の誕生日の日
子:「今日お野菜全部食べたで!」
母:「え!ほんまに?すごいやん!」
子:「だって今日はママの誕生日やから頑張ってん!」
母:「どんなプレゼントよりも1番嬉しいわ~。」
よろこんでる姿を見てとっても嬉しそうな息子でした。

一緒にお風呂に入っていた時の事。突然
「手はなんで『手』っていうか知ってる?」と、聞かれました。
「え?分かんない。なんで?」と、聞くと
「手のひらを見てみ」と言い、手を開くと指をさし、
「ここに‘手‘って書いてあるでしょう」と、(娘の名前)。
そこには横に伸びる頭脳線と、弧を描く
生命線がまるでひらがなの『て』のように見えました。
思わず「誰かに聞いたの?」と聞くと、
「ううん。手を見たら書いてあった。」との事。


年少

大好きなたこ焼きを食べたいという事で、自宅で作った時。
母:「一緒にたこさん、切っていこう!」
子:「たこ切るの?」
母:「大きくて、これじゃできないよ。」
子:「え…。たこさんかわいそう。だからできない。食べない。」
母:「そっか。分かったよ。」
(たこ焼きが出来上がると…)
子:「たこさん、おいしい~!全部食べる。たこさん、熱いって言ってるね。」
母:(笑)

バニラアイスを食べているときに…
子:「バニラアイス、りんごみたい~。」
母:「何がりんごみたい?」
子:「棒があるから、りんごみたい。」
棒付きのアイスが、りんごと芯みたいに見えたようです。

トマトの種をまいた時の事。
子:「もうすぐトマトできるかな?」
母:「まだまだだよ。まず、芽が出ないとダメだね。」
子:「口も出てから?おでこもでてから?体も全部出てから?」
その「目」じゃないんだけどね(笑)

オレンジ色の南天の実を見つけて
「大きくなったら柿になるんちゃう!」

「今日ドロドロン見たんやで。赤と黒の手があって、カメラが付いてて500mまで行くんや。
それで皆でおーいって呼んでん。どんどん上に行ったら小さくなってしもうた。」
何の話かと思ったら、ドローンで園の撮影をしたという内容でした。ドロン。

ガソリンスタンドに寄った時の事。
子:「車のマッサージしたい!!」
母:「ん?マッサージ?」
子:「お水、じゃぶじゃぶするやつ!!」
母:「あーあ、車の洗車機のことね」(笑)
確かにマッサージされてるみたいに気持ち良さそうだもんね。

切り干し大根を食べていた時、
子:「ママ!!竹輪がケガしてるよ。」と、ちょっと心配そうに言うので
見てみると、炒めた竹輪の焦げた部分でした。

自宅の庭で遊んでいる時、
葉っぱに虫の卵がついているのを見つけて…
「あっ!お月様!」と、叫びました。可愛かったです。

子:「ママ大好き。」
母:「ママのどこが好き?」
子:「足と首。」
母:「じゃあ、パパのどこが好き?」
子:「太ももと腹と腰。」
母:「えぇっ!?」
ごめん、ママがいつも(息子の名前)のほっぺたとおしりが
可愛くて好きって言ってるからだね…。
母:「人の好きなところって、体の部分で言うんじゃないんだよ。」
子:「えぇっ!?そうなん??」
発言には気を付けようと思いました。

祖父の畑で、きゅうりの収穫を手伝っていると…
子:「このキュウリは、鼻水と一緒や!
ブランブランしてるから、先生に拭いてもらおうね!」
と言いました…。
先生いつもありがとうございます。そして、自分でも拭いてね。

子:「(自分の名前)はな、冷たいお茶が嫌やねん。」
母:「なんでなん?」
子:「えっとな、心臓が爆発するから!」
言葉の選び方がおもしろかったです。

子:「たんぽぽはね、朝お花が開いて起きてるけど、夜になると寝るんだよ!」と、
パパとママに説明。
夜、花が閉じた たんぽぽに懐中電灯を照らして一言。
子:「おーきーてー!!」

バスで幼稚園から帰ってきて、家に着くまでの帰り道で、
「お母さん、今日は何してたの?」と毎日聞いてくれます。

顔をブンブンと横に振りながら、
「お顔が見えないよ~。」
と自分の顔を見ようとしていました。
「お母さんのお顔も弟のお顔も見えるのに~不思議やね~。」と。
私を見て
「お母さん、可愛い。」と言うので喜びかけたところ、
「モコモコ~♪」と服を褒めてくれました…。

幼稚園に入るまで、お絵描きも工作もすぐに諦めて
子:「母ちゃんがやってー。」
と言っていた息子。NHKの工作番組を見ていたら
子:「こんな犬作れるんかな、今からしよか。」
と言って作ってみた。
目・鼻・口もしっかりある、のりも使える。
何より最後までやり遂げた事に感動。
ラップの芯が無く、足が作れなかったので
子:「トイレットペーパーの芯残しといてな。」
との事です。

すごく綺麗な月が出ていた時、
母:「あ、お月様出てるよ!!」
子:「うわぁー。こんなに丸いの始めて見た!!すごいー。」
次の日
子:「今日、お月様いないよ。何で?」
母:「お月様も忙しいんちゃう?疲れてるんかもね。」
子:「ママと一緒やん。見たかったのに。」
また別の日
母:「あ、今日は出てるよ!!」
子:「ほんとやー。今日はヒマやったんやろなー。」

娘、シンデレラのスープの替え歌を歌います。
子:「かぼちゃのスープ♪パパが作ったじま~んのスープ♪
だって、いつもパパが作ってるもん。」
すると、また歌い始めました。
子:「ママが作ったじま~んのラーメン♪」
母:「ん!?ママはラーメン!?もっと他にもあるでしょう~!」
娘は、ケラケラ笑っていました。

子:「パパ、まだ寝やんといてよ。
起きといて、(自分の名前)の夢に出てきてな!」
息子からパパへの可愛いお願いでした。

通園のバスの中で干支を覚えてきたようで、家で
子:「ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・
ひつじ・さる・とり・いぬ・い!!」
父:「(息子の名前)、凄いねー!!
(息子の名前)は何年か知ってるー?」
子:「さるー!」
父:「パパは、何年やと思う?」
子:「ゴリラ―!!」
父:「ゴリラは干支にはないわー!!(爆笑)」
母:「パパはゴリラにそっくりやもんなー!(笑)」

お正月、おじいちゃん、おばあちゃんに会ったら「あけましておめでとう。」って
言ってね。と言うと「うん。」と言い、会うまで練習していました。
祖父母の家に向かう道中。
「でね、誰の誕生日なん?」と聞いてきました。

節分の日。幼稚園で鬼が来ても泣かなかったという我が子。
家でお父さん鬼が来ても「僕がやっつける!」と、
楽しそうに豆を投げて鬼退治をしていました。
その後、鬼のお面を取ったお父さんの顔を見たとたん大泣き。やっぱり怖くて、
朝から1日気を張っていた様で、頑張りと成長が感じられました。

おひなまつり発表会の動画を鑑賞していた時。
子:「あぁー、○○ちゃん(姉)かわいすぎて涙出そう。」
目頭をつまみながら、言っていました。

冷蔵庫に映る自分の姿を見て
「こんなに大きくなったよ。もう小学校に行けるね!」
と、よく言っている娘。
母:「なんでそんなに小学校行きたいん?」
父:「小学校でどんなことしたい?」
子:「お勉強したい。」
そんなに急いで大きくならないで。
でも、その言葉は忘れないからね。

リビングにて『ピーピーピー』
子:「あっ音が鳴ってる~。」
父:「空気洗浄機から音が鳴ってるね。水が無くなったかな?」
子:「お腹すいたから呼んだのかな~?」
姉妹とはまた違って何とも柔軟な発想力!
将来が楽しみです。

平成30年度

年長

息子が夏休みの作文トレーニングを書いていた時の事。
お題は、男の子がとび箱を跳べない絵と跳んでいる絵を見て作文を作るというもので、
とび箱を跳んでいる絵は、ジャンプで髪の毛が逆立っている。
それを見て、息子は
『とび箱が跳べなかったけど、髪の毛を綺麗にしたら跳ぶことが
できました!』という文を書いていた。
いっぱい練習して…とかではないんだね。(笑)
子どもの発想力は凄いと思いました。

トイレに入って出てこないので様子を見に行きました。
母:「大丈夫?」
子:「うん!うんちと待ち合わせしてるねん!」
母:「そうやったん?またうんちに会えたら教えて!」
子:「分かった!うんちまだかなぁ?」
楽しそうで何よりです。

大好きなプラモデル作り。部品が壊れ大号泣!
子:「マジックが出来たらなぁ、直せるのになぁ。」と悔しがって
いました。

兄が小学校で九九を習い始めた影響で最近九九を練習しています。
よく聞いてみると、
子:「にいちがに、ににんがし・・・にはちじゅうろく、
にく!!おいしー!」
さすが、食いしん坊です。

夜、飛行中のヘリコプターのライトが点滅しているのを見て、
子:「ママ!UFOおる!」
母:「あれ、ヘリコプターやで。」
子:「違うで、チカチカしてるもん。」

約2年ぶりの外食で息子はドキドキ。
個室に料理を運んできてくれた仲居さんを見て小声で、
子:「パパ、この人も一緒にご飯食べるの?」
父:「ううん、食べないよ。」
子:「食べないのにお料理作ってくれて、運んできてくれたん?
なんか先生みたいやなー。」
仲居さんに向かって、
子:「もう食べてもいいですか?」
先生からOKをもらっておいしくいただきました。

子:「11月23日は何の日でしょうか!?」
母:「何やったっけー?文化の日は3日やったもんなぁ。ヒントは??」
子:「ヒントは…、昔話に出てきま~す!」
母:「昔話!?余計解らんくなったぁ。」
子:「正解は~、きんたろう感謝の日で~す!!!」
父・母:「…??(少し考えて)きんろう感謝の日か!」
子:「そうなん?きんたろうに感謝する
日かと思ってたー、(た)が
いらんかったんやなぁ…。(照)」

十五夜の日、家族で月を見ながら、
母:「お月様にはうさぎがいて、おもちを
ついてるって言われてるんやけど見える?」
と話していたら、
子:「そのまま、ずーっとおもちついてたら
いつかポロっと落ちてくるかな?」
と言っていてかわいかったです。

 子:「お母さん、“すいへせんち”って知ってる?
海が真っすぐ見える所やで。」
と、自信満々に教えてくれたけど
水平線の事かな?幼稚園で色々教えて
もらって、たくさん覚えて凄いね。


年中

お菓子の『雪の宿』のおせんべいを食べていたら、
子:「これ、地球の大阪の町みた~い。わ、これも違う町~!」
白いお砂糖の模様がいろんな町に見えたようです。

『結婚10周年』と聞き、
「結婚、10回目やねんて~!!」と、驚いていました。

子:「今日、幼稚園に砂ころびが来たねん!」
母:「砂ころび?どんなの?」
子:「うす茶色で、ふわふわ~って浮かぶねん。動くねんで。
それが砂ころびって言うねん。すごいんやで~。」
砂けむりの事だと思いますが、
可愛い言い間違えでした。

お風呂に入浴剤を入れた日、
母:「かき氷のブルーハワイみたいな色やな。」
子:「氷に砂糖かけて、これ(お風呂のお湯)
かけたら、いいんちゃう?」

ある夜のことです。
母:「(息子の名前)、大好きだよー!」
子:「お母さん大好き!」
母:「ギューして良い?」
子:「良いよー!」
しばらくギューをしていたら突然、
子:「もうそろそろやめてください。」
真顔で言われて思わず、
「ごめんなさい。」と謝った母なのでした…。
ちょっとしつこかったのかな…。

夜中の授乳で、朝疲れている私の顔を見て、
子:「どうしたの?」
母:「寝不足で疲れてんねん。」
子:「それはしんどいね~。」
と知らないうちに、相づちが上手になっていて、
小さな成長を感じた瞬間でした。

先日の部分月食を見て、
子:「なんで見えへんくなったん?」
母:「お月さまとお日さまの間に地球が
入って、地球の影に隠れてしまってん。」
子:「お月さま、光れへんくなってかわいそうやなぁ…。」
20~30分ほどして、また少しずつ
明るくなると、
子:「お月さま、元気になって良かったなぁ!」
満ち欠けの様子に日頃から一喜一憂
しています。


年少

「パンダって英語で言うたろか?」
と笑って娘が言いました。
「すごい!言って。」と言うと、
「パンダー。」とイントネーションを変え言ってくれました。
娘と兄と大爆笑しました。
「まだまだ言えるで!」(笑)
「うさぎー。」(笑)
色々な動物を日本語のイントネーションを変え、笑いながら教えてくれました。
英語を喋るのはまだまだ先のようです。

目の前を茶色い猫が通り過ぎました。
子:「ネコバスと一緒。」
母:「本当だね。トトロのネコバスに似てたね。」
足元には、どんぐりが沢山落ちていたので、
子:「ネコバスが落としたのかな?」
母:「どうだろ?もしかしたら、近くに
中トトロか小トトロがいるんじゃない?」
とキョロキョロしていると、
子:「ママには、トトロ見えないでしょ。」
うん…大人にはトトロ見えないんだよね。
(苦笑い)

寒くなり、朝コタツから出れないみたいで、
「コタツに足引っ張られてるからムリー!」
バスくるよ…早く出て来て…。

すぐに「出来ない」とグズグズ言う娘。
「練習、練習、何でも練習!」と、いつも
私は言うのですが、遠足の前の日の夜、
母:「お母ちゃん、明日お弁当作るのに
早起きできるかなぁ・・・」と言うと、
子:「練習、練習!何でも練習やん!」
と言い返されてしまいました。

おやつのプリンを食べていたときのこと。
子:「プリンの下にどろんこたまってるなぁ~」
母:「どろんこじゃないで、カラメルやで、甘いで。」
と教えてあげたけど。
子:「カラメルどろや~」
といいながら味が気に入らなかったのか、
カラメルの部分だけ残してありました。
ちょっとオトナの味だったかな。

おかしやBOXティッシュの空箱、
トイレットペーパーの芯がでたときに。
子:「ねえねが使うから捨てちゃだめ!」
子:「ねえね、これあげる~。」
姉:「ありがとう~。」
と、二人が笑顔でやりとりしているのを見て、
以前「あんまりゴミをためこまないで!捨てるよ!」と
言ってしまったことを反省し、見守ることにしました。
廃材は子どもにとって宝なんだ、と忘れないで
いようと思います。

(14ひきのあさごはんの絵本を読んでいたとき。)
14ひきのネズミの家族が丸い食卓を
囲んで朝ごはんを食べているページを見て。
ジャムの取り合いをしている兄弟ネズミを見つけて
子:「ジャンケンしたらいいのに。順番こにしたらいいのにな~。」
母:「そうだね。」
子:「みんなで(ジャムを順番に)回してもいいな~。」
母:「ほんとやね、そんな方法もあるな~。
楽しい朝ごはんやな~。」
色々と自分で考えられる様になってきて、
読むたびに何か発見しています。

公園でかくれんぼをしていた時のこと。
友だち「もういいかーい?」
子:「まぁだだよー。」
公園の横にあるゴミ収集所に隠れて、小さな声で
子:「ここにいたら、ゴミ収集車さんに
連れていかれちゃうかな?」
母:「大丈夫やろ。」
子:「うん。いけるか。」
と言いながら早く見つけてほしそうに
ヒョコっと顔を出し、すぐに見つかっていました。
ゴミ収集車さんが大好きな
息子ならではの心配が微笑ましかったです。

“アナと雪の女王”の映画を見ていて
子:「オラフはどうやってできたの?」
母:「エルサの魔法の力で作ったんやで。」
子:「(自分の名前)も雪だるま作りたい!」
母:「オラフみたいにお鼻、人参やったら大きいの作らなあかんで~。」
子「じゃあ、雪をまるまるってしてお鼻作ったら良いやん!」
と今から雪が降るのを楽しみにしています。


年長

朝、バス停へ行く途中、ふと見ると親子の歩幅が揃っていた。
子:「おっ!気が合いますねぇ~。」
母:「ほんとですねぇ~。」
バス停への道のりがとっても楽しくなりました。

ピアノの練習をしている時、ピアノの音と共に「ピンポーン、ピンポーン」と
声が聞こえてきたので、レッスン室に行ってみると、
子:「やっと来たー。」
と、言い
子:「見てて。ミドミドって弾いたらピンポンの音と一緒でしょ。」
と嬉しそうに説明してくれました。
インターホンの音が気に入ったようで、その日はことある事に
ピアノインターホンでお呼び出しがかかりました。

母:「あー!せっかくラディッシュ育ててたのに青虫さんに
食べられてるー!」
子:「ほんまやー!いっぱいいてるな!みんな大きくなるよな!」
母:「うん。そうやね。でもラディッシュが…。」
子:「いいやん!青虫さんだってご飯食べなあかんし、
次は青虫さん用にも作ってあげてな!」
母:「えっ!?考えときます…。」

子:「ママ、今日ぼく嬉しい夢見てん!
○○ちゃんにお手紙あげてん。ママ、夢って目開いてるん?」
母:「夢は寝ているときに見るものだから目はつむってるんよ。」
子:「ふーん。目をつむっているのに不思議~。」
と子どもに説明したものの、夢の説明はとても難しかったです。
ほのぼのとした夢を見て、とても嬉しそうにしていて
母も嬉しかったです。

子:「電気はこまめに消す!お茶もこまめに飲む!
あー!こまめがいっぱいで忙しいわぁ。」
最近“こまめ”を覚えて嬉しそうです。

寝る前に、
父:「(息子の名前)ちゃん、おやすみー!」
と、挨拶をすると…
子:「きてます。」
父:「?(息子の名前)ちゃん、おやすみ!」
子:「や、だから!きてます。」
父:「(息子の名前)ちゃん!おやすみ!!!」
子:「き!て!ま!す!」
旦那さんも私も頭の中が「??」
念押しで
父:「おやすみ!」と言うと…
子:「お休みしてない!欠席してない!!ここに来てます!!」
なるほど!旦那さんと大笑い。
出席確認やったのね(笑)

お友達のお父さんが、
「(娘の名前)ちゃんピザピザピザと10回言って。」
子:「ピザピザ……ピザ。」
「(娘の名前)ちゃん、ここは?」と肘を指さすと、
子:「エルボ。」と答えていました。

弟:「生臭いって何?」
と、聞かれ説明を考えていると、
子:「生臭いっていうのはな、お鼻がくさいくさいっていう
匂いやで。」と、弟に説明してくれ、なるほどと
思いました。

いつもママは子どもたちよりも我先に寝床につきます。
そして、誰よりも先に眠ります。ある日、珍しくママが
まだ起きて、寝転びながら子とおしゃべりしていると、
子:「ママ、いつもねるのはやいでな。
ぼくな、いっつもママにおふとんかけてあげてるんやで。
かぜひかんように。」
ママは、本当に幸せ者です。ありがとうね♡


年中

トマトジュースを飲んだ(息子の名前)に、
母:「(息子の名前)くん、お口の周りにいっぱい付いてるよ。」
子:「どろぼうさんみたいに?」
母:「うん。どろぼうさんのおひげみたいになってるよ。」
子:「えっ!!あれ、ひげなの?」
母:「うん。何だと思ってたん?」
子:「マスクだと思ってた。」
母:「時代やね~。」

最近育てている、おたまじゃくしを見て、
子:「あ!足が出てきた!」
母:「本当だね。赤ちゃんはすぐに大きくなるから、おたまじゃくしも、
すぐにカエルさんになるよ。」
子:「じゃあ、(自分の名前)ちゃんも、もうすぐ大きくなっておとなになるね。」
母:「まだまだ、焦らず、ゆっくり大きくなって欲しいよ。大人になるには、
まだまだだよ(笑)」
子:「(自分の名前)ちゃんも早く変身したかったな~!いっぱいご飯食べよう!」
母:「そうだね。食べようね(笑)」

冷やし柚子おろしうどんを食べた時、
娘がご機嫌に一言。
「さっぱりして、おっいし~い♪」
“甘い”や“辛い”は、よく言いますが、
“さっぱり”と表現したことにビックリ!
言葉がのんびりペースだった娘なだけに、
言葉表現の幅がぐんと広がってきて微笑ましいです。

私と娘は、毎日、何回も『大好き』と言い合うのですが、
最近、表現が激しくなってきました。
母:「(娘の名前)ちゃん、大好き♡」
子:「ママ、地球が爆発するくらい大好き♡」
また、ある時は、
母:「(娘の名前)ちゃん、大好き♡」
子:「ママ、宇宙が水になるくらい大好き♡」
理解に悩みますが、とっても可愛い(娘の名前)ちゃんです。

なかなか寝ない夜に、ひつじが一匹、
ひつじが二匹と私が数えていると、
娘が「カエルが一匹、カエルが二匹…。」
と数えだし、
「よけい、寝られんわ!」と、つぶやいておりました。
☆我が家は、毎晩、カエルの大合唱なのです。

娘が、何か怒られそうなことをしてしまった時、
「あのね~何か知らんけど、こうなってしまった。」
何かしてほしい時、
「あのね~ママ大好きだから、これしてほしい。」
自分を守る為の嘘、要望を叶える為の上手。
気持ちに余裕がある時は、知恵がついたんやな、と思います。

子:「大きくなったら、うどん屋さんとケーキ屋さんになる!」
親:「どっちかなの?」
子:「1Fがうどん屋で、2Fがケーキ屋を1人でするねん。」
どんなお店になるか楽しみです。

お風呂で背中を洗っていた(息子の名前)。
突然不安そうな顔になり、どうしたの?と聞くと、
「このボコボコ飛び出してるのは何?」
と。それは肩甲骨だよと教えると、
「じゃあ、これは?」と脇腹を触る。それは肋骨だよと言うと、
「僕、ガイコツになっちゃうの?」とウルウル。
皆あるよとパパやママの骨を見せると安心していました。

2歳の妹とケンカをして、妹を泣かせてしまった時、
「ごめんなさいの練習してくる。」
とカーテンの裏に隠れてブツブツ…。
照れながらも妹の前に来て、
「〇〇ちゃんごめんねっ!」
と優しく抱っこしてあげました。
妹も泣きやみ、練習の成果で無事に仲直りできました。


年少

ある朝のこと・・・。
子:「まつ毛伸びたねー。」
母:「本当!!ありがとう、もう少し伸びて欲しいんだけどね。苦笑」
子:「あぁ~壁にぶつかる位?」
と真顔、想像以上の返しに思わず笑いました。

魚の図鑑を見ていた時。
子:「これは何?」
母:「鯛。」
国旗の本を持ってきて。
子:「これと一緒!!タイ!!」
母:「本当!!よく見つけたね。こっちはお魚の鯛で、
こっちは国のタイ、同じ名前やね。」
タイを指さして、
子:「こっちは食べれないの?!」
母:「そうやね、こっちのタイは国だから食べられないね。笑」
子:「へぇ~!!」

父親と兄が問題を出し合い遊んでいた時のこと。
父:「〇〇君が50円を持って、1本
11円のうまい棒を買いに行きました。
おつりはいくらでしょう?」
兄:「・・・(考える)」
それを聞いていた(娘の名前)がすぐさま顔を上げ
子:「えっ!!!(驚)あかんやん!(一人で)勝手に(行ったの)?」
父:「笑」
兄:「39!」
父:「2人とも大正解♪」
思ってもみない回答でしたが、よく考えていることに感心しました。

家のデッキでピンクムーンを見ながら。
母:「今晩のお月様は願い事を叶えてくれるんやって。」
子:「気をつけてね~!」
母:「それは願い事やないね。何を気をつけるん?」
子:「お月様がデッキに落っこちないように。」
ニコニコ教えてくれました。

お誕生日の日に、
母:「(娘の名前)ちゃん、おめでとう。4歳になったね。」
子:「違う、3歳‼幼稚園の誕生日会まだしてない。
(自分の名前)ちゃんは誕生日会するまではまだ3歳!」
ずっと憧れだった誕生日会も終わりやっと4歳♡
王冠をかぶった姿に母は涙がでそうでした。
おめでとう。

ある朝、
子:「お母さん、高い高いして~。」
肩こりしてるからツライな~と思いながら持ち上げると
子:「ちがうちがう、ここ!!」
と膝のすり傷を指さし。
母:「(息子の名前)ちゃん、それはイタイのイタイの
飛んでいけやで。」
可愛い勘違いに笑ってしまいました。

朝食後、バタバタと準備をしていた時。
子:「ママー、プールに入れてあげたよー。」
母:「えっ?」
子:「コップさんとお皿さんとお茶碗さん、
プールで気持ちいい~って♪」
キッチンのシンクにあった水をはったボールに、
(娘の名前)の食器たちがプカプカ気持ちよさげに浮いていました。

バス停へ向かう車中で、通りがかった竹林を見て、
子:「あそこにパンダさんいるかなぁ?」
母:「パンダさんはいないと思うよ。どうして?」
子:「だってパンダさんの好きな葉っぱがたくさんあるよ。
パンダさん出てこないかなぁ?」
竹林を通る度にパンダを探しています。

くすのきイングリッシュスクールで購入したCDの2番目の曲、
“The Parachute Dance”に合わせてダンスをしている時に、
仕草がかわいかったので、
「かわいいのは年少までかな~?」
と言ったら、
「年長、年中もかわいいと思うよ。」とのこと。
今後、かわいく成長していくのをとても
楽しみにしているよ‼

年長

夕方、車に乗っている時、
子:「ママ見て、すごく大きくてキレイな夕日。」
母:「ほんとやね。」
子:「明日は、天気やな〜。」
母:「そうやね。」
子:「夕日を見てたら、お腹すいてきた。」
母:「どうして?」
子:「だって、卵かけご飯の卵みたいに見えるから。」(笑)


節分の日。
恵方巻は喋らずに食べるんやでと伝え、息子が食べはじめました。
途中なんども喋りたそうでしたが、我慢して食べ終わり、
子:「あぁぁぁ〜!もう頭ぱんぱんやぁ〜!お腹もぱんぱんやし〜!」
お喋り大好きな息子にはつらい儀式のようでした。


就寝前に、
子:「もうすぐ卒園やな。皆とお別れするの嫌やなぁ。もう体育指導受けられないのかと思ったら悲しすぎるわ。」
母:「卒園式泣いてしまうのじゃない?」
子:「泣くに決まってるやろ!」
と言った息子の目には既に涙が溢れていました。
たくさんの良い思い出を作って頂き、感謝です。


おひなまつり発表会でもらったひなあられを食べて一言!!
子:「茶色のやつお肉みたいな味してめっちゃおいしいねん!!」
あられでお肉味はさすがにないやろ!(笑)


最近、短いお手紙をたくさんくれます。
子:「お母さん、いつも家事をしてくれてありがとう。(自分の名)が大きくなったら家事してあげる。ありがとう。」
「車を買ってくれてありがとう。今度は(自分の名)が車を買ってあげる。」
その日を楽しみにしてます!


子:「速く走れるから、雨よけれるわ。濡れへんで!」
と言いながら走る息子。雨の日も楽しそう。


子どもの体調が悪かった日、寝る前に一言。
子:「お大事にするわ。」
自ら言ってました。


冬のある朝のこと。“寒い”と聞くと、
子:「ぬるい。」
母:「ぬるいって?」
子:「凍るほど寒くないけど、ぬるいねん!!」
思わず、ほっこりしました。


幼稚園からの年賀状の“2学期はブリッジが上手になったね”という先生からのメッセージに、
子:「この年賀状見たら泣けてくるわ〜。」
と言っていました。頑張って練習したんだね。


女性風呂に(息子と)一緒に入ろうとした時、
子:「こっち(女性風呂)は嫌!あっち(男性風呂)に入る!」
仕方なく、別々に入浴する事にしました。
子:「気持ち良かったよ〜♪」
と1人で出てきた姿は、もうすぐ新1年生になるんだと実感しました。


苦手なほうれん草を頑張って食べた後で、
子:「ほうれん草さん(自分の名)が食べたから喜んでくれてるかな?」
と笑顔で聞いてくる所がまだまだ可愛いです。


子:「からあげ食べたら、歯抜けた〜。」
と、ゲラゲラ笑いながら歯の抜けた面白い顔を見せてくれました。


洗濯物を畳む手伝いをしてくれます。
子:「みんなでやったらはやいな〜」
年長になって綺麗に早く畳めるようになりました。いつもありがとう♡


夕食を作っていたら、急に
子:「(自分の名)がお母さんと同じ年やったら、結婚できたのにな〜」
と言われました。それだけじゃないんだけどな〜と思いながら、
母:「おしかったな〜。」
と答えました。(笑)


冬休みが始まる前、宿題のCDを視聴するとき、
子:「1つ歌えなくなりそうな歌があるねんなぁ〜。」
母:「何?なんで?」
子:「“大切なもの”っていう歌。歌ってると、涙が出てきちゃうねん。」
歌の歌詞の意味を考える事が出来る様になったこと。
心が少しお姉ちゃんになった事に成長を感じ、嬉しい気持ちになりました。


子:「ママの免許証ちょっとみせて欲しいねん。」
母:「どうして?」
子:「何点かなって思って。」
母:「ママは、無事故・無違反だし、満点だよ。ゴールド免許だし。」
子:「へぇ〜、ママってレジェンドなんだ!」


弟の誕生日の日のこと。
先に誕生日を迎えていた息子は、
母:「(弟の名)は何歳になりましたか!?」
弟:「5さい!」
のやりとりを聞いて、
子:「追いついてきたなー。」
と感心していました。
心の中で(追いつかれへんしっ!)とつっこんでしまいました(笑)


普段あまり園のことを詳しくは教えてくれない息子ですが、おひなまつり発表会のレコード劇は気合いがはいっているみたいで、色々教えてくれます。
子:「めっちゃ大きい声で、ここ○○って言うねん。」
母:「すごい!!めっちゃ楽しみやわぁ♡」
子:「楽しみにしといてなぁ♡」
かつてないほどのやる気に母、感動と楽しみでいっぱいです♡


年中

息子が胃腸炎になり、治った頃、私がなんとなく、
母:「お腹痛いなぁ〜。」
と言うと、
子:「移しちゃってごめんね。」
とお腹をなでてくれました。


恋愛ドラマが大好きな娘は、何よりも夢中で見ています。
子:「キャ!!この人好き。」「カッコイイ。」
とメロメロで、今から少し心配です。


最近、言葉遣いが幼児ではなく、児童みたいになってきた息子ですが、
先日わさびマヨネーズ味の焼きそばを食べた際、わさびの刺激が目にきたのか、
子:「目がからいわー。」
と叫んでて、やっぱりまだまだ可愛いなぁと、改めて思いました。


幼稚園の豆まき。鬼がこわく、豆まきの日は休むと、昨年の豆まきの
帰宅後から言っていました。
当日、泣きながら登園。鬼は、ニセモノとだいぶ言いましたが、
子:「本物のこわい棒持ってるから、本物の鬼!」
と言って、今回も、来年は休むと言っています。


マラソン大会にあたり、パパと3位までになったら、好きなものを買ってもらうと、
約束をしていました。当日がんばって、11位でした。
3位までではないけど、よくがんばったと思っていたら、
幼稚園から帰ってくると、
子:「1と1やから、パパおもちゃ買ってくれるな!!」
と、自信満々に言う顔が、キラキラしていました。


口の中を指して・・・。
子:「ここに、こうなん出来た!」
母:「えっ!?コーナン出来たん??」
子:「そう!!ここ痛いねん。」
母:「あぁ・・・口内炎ね。」


クリスマスが近付いてきたある日、
子どもがお空に向かってお願い事をしていました。
母:「何してたの?」と聞くと
子:「お母さんにもプレゼントが届きますようにって。」
子どもの優しさが伝わり、とっても嬉しかったです。
その気持ちが、私のクリスマスプレゼントになりました。


子:「僕、(妹の名)と結婚しようかな♡」
母:「えっ!?お母さんとって言ってたやん!」
子:「でも、お母さんはお父さんと結婚してるやん!」
母:「う・・・うん。」
なんだか少し、さみしくなりました。


年中さんになって、私の真似をする事が多くなった娘。夜寝るときに
母:「また明日ね。おやすみ。」
と、頭を撫でると真似をして
子:「また明日ね。」
と、私の頭を撫でました。
胸がキュンとして、とっても幸せな気持ちになりました♡


下の子が泣いていると、
子:「大丈夫、お兄ちゃんが手つないだるから泣いたらあかんで。」
と言いながらずっとそばに居てくれています。
すっかり立派なお兄ちゃんです。


幼稚園大好きな息子。週末も、
子:「休みイヤや!行きたい!」
と言います。祖父宅や旅行先でも、
子:「もっとお泊まりしたい!」
母:「幼稚園休むの?」
子:「あかん、帰る。」
と。あと一年楽しく通園してほしいです。


改装中のお店の前を通った時のことでした。
子:「あのお店閉まったの?」
母:「今、改装してるみたいね。」
子:「改装って何?」
母:「中を綺麗にやりかえてるんじゃない?」
子:「そっか、お客さんにもっと喜んでもらうために綺麗にお掃除してるんやなー。
床が滑りにくくなったり、椅子が新しくなると気持ちいいもんなー。」
そんな言葉が返ってくるとは思わなかったので驚きました。
その後も通る度に何回も言っていました。
連れて行ってあげようと思います。


母:「(娘の名)、明日のおひなまつり発表会楽しみやね。」
子:「楽しみなのはママやろ。(自分の名)は頑張る気持ちでいっぱいやねん。」
どうやら、まだ楽しむ余裕は無いようです。


母:「(娘の名)、4月から年長さんやね!!もうお姉さんやね!」
子:「えー!!もう年長!!1年経つの早いなー。そりゃ昨日の事も思い出せんわ。」
お姉さん通り越して、おばちゃんになってしまいました。


ぬいぐるみ達と、家族ごっこをしている時のこと。
一番お気に入りが、しまじろうの妹“はなちゃん”。
そのはなちゃんが、病気になる場面で、
子:「お腹痛いの?大変!早く病院に行こうね。」
母:「じゃあ、○○小児科(かかりつけの小児科)に連れて行かないとね。」
子:「ママは全然わかってないな。この子はトラやで。動物病院じゃないとあかんやん。」
なぜかそこだけ、とてもリアルでした。


夜寝る時に、猫がケンカをしていました。
その声にびっくりした息子!!
母:「なにかな?」
子:「絶対オオカミやわ!!」
まさかの答えに笑ってしまいました。


年少

雨が降ってきて、
母:「カサささないの?」と言ったら、
子:「雨に負けない男だから」
と言い、カサをささず歩いて行きました。


兄姉とスライムで遊んでいた時、たまたまTVで青汁のコマーシャルが流れると、
子:「あの人、スライム飲んでるで。やばいでー。」
皆、大爆笑でした。


子:「早く大人になりたいなー。」
母:「なんで大人になりたいの?」
子:「だってな、卵もなんでも食べられるようになれるもん。」
頑張る(息子の名)なら、卵アレルギー克服できると信じてるよ。


ほっぺがぷくぷくなわが娘。
母:「ほっぺの中に何が入ってますか?」
子:「今日は、おもちが入ってまーす!」
母:「おいしそうなおもちっ♡」
子:「明日はプリンが入ってますよっ。」
このやりとりが、毎日の日課になりつつあります。


連続でこけて、両膝を何度もケガをしている時、泣きながら膝をおさえて
子:「ママ、心臓がひざに引っ越してドキドキして痛いよ。」
母:「うん、ズキズキして痛いんやね。」


姉とかくれんぼをしていた時、(娘の名)はさがすほうだったのですが、なかなか見つけられず
子:「お姉ちゃん見てない?」
母:「うん、見てないなぁ」
子:「え〜〜(困惑)。いいとこかくれたんやなぁ」
と感心しながら言っていたので、思わずヒントを教えてしまいました。


子:「流れ星が森に落ちてホタルになるんだよ。」
こっそり教えてくれました。


歯磨きを嫌がる妹に、
子:「歯磨きをしないとお口にバイキンマンが来るでー」
妹は素直に歯磨きをしていました。


お友達がしているマスクがうらやましい娘。
子:「○○ちゃんのマスクがかわいいから(自分の名)もしたい。」
母:「風邪ひいてないし、咳もでてないからいらないんじゃない?」
子:「でもゲップがでるよ」
マスクをつける理由を必死に考えたようです。


庭にうっすらと雪がつもった日、真っ白な雪を口に入れて
子:「サンタさんのにおいがする」
とうれしそうに言っていました。


足がしびれた時に、
子:「足が炭酸みたいにシュワシュワしてる〜」
と言っていました。


遊びに行った帰り道、
子:「どこか寄って帰ろうよ」と言うので、
どこがいいのか聞くと、
子:「オーストラリア!!」
寄れません…。


レゴで乗り物のようなものを作っていた時、
母:「何を作っているの」と聞くと
子:「仮面ライダー1号!」
想像もしなかった言葉に思わず「えー!?」と笑ってしまいました。


ごほうびに、おやつを買ってあげることに
母:「イチゴとアンパンマンチョコどっちがいい?」
子:「3つがいい」
母:「増えてるやん!」
ちゃっかりしてきました。

 

平成29年度

年長

毎朝「大きくな〜れ」と言いながら、キュウリの水やりをしている娘。
ある日の事、
「大きくな〜れ。」と言いながら、シャワーを浴びていました。
元気に大きく育ってね。


ゴキブリが我が家に出現し、家族で退治していると、
子:「ゴキブリってさぁ、昆虫やから虫カゴに入れて、かっても良いやんなぁ・・・。」
家族一同:「良いわけないやろっ」
子:「なんで??」
最近とても虫好きの息子です。やめてね。


将来、獣医になりたい息子と粘土遊びをしていた時、
子:「オーストラリアとか、ガラパゴスの動物も治療するねん!」
母:「楽しみやなー」
子:「北海道と、大阪府と・・・」と、
都道府県も形で作ろうと夢中になり、作ってくれました。叶うといいねー。


子:「心の中の天使が、“がまんの心”を育てているんだよ。がまんの心が大きくなったら、幸せになれるんだよ。」


家族でご飯を食べに行った時のこと。
子:「見て!お隣の車、ゴメンナサイしてるで!」
何の事かな?と思い隣に停まっていた車を見ると、助手席が前に倒れていました。まさにその姿はゴメンナサイの格好。
子:「何、悪い事したんやろ?」と、真顔で言うので、思わず笑ってしまいました。


公園に行った時の事
子:「これムスカリの花だよ〜。良い匂いがするよ〜。」と
手に乗せて持って来て見せてくれました。
教えてないのに知ってたので、ビックリしました。


お休みの日にマニキュアを塗ってもらったら、「将来ネイルの人になるー!」
ドーナツを食べると、「ドーナツ屋さんになるー!」
コロコロと将来何になりたいかがかわる年頃です。


雨の朝、幼稚園バスを待っていた時
母:「今日の雨は、強いなぁ。」
子:「歌みたいで面白いな。」
私は雨が強くなり、ぬれるのが嫌だなぁと感じて言ったのに、子どもは傘に当たる雨の音や、水たまりに跳ね返る雨音を楽しんでいました。
バスを見送った後は、嫌な雨から少しだけ楽しい雨に変わりました。


夜寝る前、いつものように絵本の読み聞かせを終えると、
子:「今日は音楽も聴きたい。」と言ってCDをつけ、しばらく聴いていた。
そして「これ聴いてたら、おじいちゃんのこと思い出して、ちょっと悲しくなるね。」と微笑んだ。
その曲は私の父が亡くなり、実家に帰る車中で流れていた曲でした。
年に数回しか会っていなかったおじいちゃんなのに、そんな風に感じてくれていたんだね。
ありがとう。


スポーツからサマーキャンプのお知らせを持ち帰った日。
本人に聞くと「行く〜。」との返事。
「お泊りするのよ!ママも誰もいないよ!」と言うと、それでも
「行く〜。」と張り切っている息子。
母は淋しいので「行くの〜?! 淋しいんだけど。」と言うと
「1回だけやで!! 1回寝るだけやん!!がまんし〜や!!」と返って来ました。
頼もしい返事に、嬉しいやら淋しいやらで複雑な気持ちになりました。


カマキリがいたので虫眼鏡で見て、
子:「ママーカマキリの顔三角やぁ!」
母:「なんで三角だと思う?」
子:「変わったお店とか色んなの見れるように。」
興味深く聞いていくと、虫だけが見えるお店などがあるようです。


私が息子に叱っている時の事。それを見ていた娘が一言。
子:「そんな怒り方じゃ、(弟)はわからないよ!もっと優しい言い方で教えてあげて、ママ!」
と言われました。間違っていないだけに、思わず「はい、ごめんなさい。」と言いました。
よく分かってきたなーと、びっくりした一言でした。


子:「小学校に行ったら、先生にもお友達にも会われへん。」と最近よくベソをかきます。
そして、色々と考えた結果、
子:「大きくなったら、くすのき幼稚園の先生になる!」
15年後夢が叶うことを願いつつ、そんな大好きな先生やお友達と出会えたことに、嬉しい気持ちになりました。


「つぶやき」を書くのを悩んでいて、
母:「何かつぶやいて。」と言ったところ
子:「いいこと言えばいいの?う〜ん。妹に優しくする。妹におかしをあげる・・・。」
毎日言っている事ちゃんと分かっているみたいです。


最近お料理のお手伝いが大好きな娘。
子:「たくさんお料理覚えたいからお手伝いがんばる!だって、中学生になったら
ママよりおいしいご飯たくさん作れるようになりたいねん!!」
おいしい手料理作ってくれる日を楽しみにしています。


最近、英語の話を楽しそうに話してくれるようになり・・・
子:「パパー、僕に何か英語で聞いてみて!!」
父:「ホワッツ ユア ネーム?(What’s your name?)」
子:「もう!英語で聞いて!って言ってるでしょー!」
父:「今の英語で聞いたんだけど・・・。」
ネイティブ以外の英語を聞かせてはいけないと思う母でした。


年中

料理のレシピを紛失して 探していた時。
子:「も〜ママったら〜。」
と 笑いながら言った。思わず私も あはは、と笑顔になった。
反対だったら、「またなくしたの!」ときっと怒っている。
言い方や言葉、笑顔って大事だな、と 改めて思いました。


秋の遠足でひろってきた栗を使って栗ごはんを作りました。
子:「くりごはん、おいしかった〜。」
母:「そう、よかったね。」
子:「幼稚園でな、先生に言ったら、いいなぁ〜って言われたよ。先生にも持って行ってあげたらよかった!!」
優しい娘に育ってくれて ありがとう。


私が炊事していると
子:「なぁなぁ、お母さ〜ん。」
母:「ん?」
子:「(弟)なぁ〜、へっこりしてるで〜。」
母:「へっこり??」
子:「うん!!へっこりへっこりしてんねん。」
近づくとしゃっくりでした。(笑)


11月1日に最初の乳歯が抜けました。
子:「ごはんが落とし穴に入りそうや。」
母:「どうする?」
子:「綿棒でとるわ。」
平然とした態度にビックリです。


子どもが たくあんを食べている時。
母:「何食べているの?」と 聞くと
子:「何と思う?」
母:「わかれへんな…。」
子:「ヒントは、たくあんでした。」
母:「それヒントじゃないで。答えやろ…。」


ある日、家に帰るといつものように子どもからの手紙がテーブルに置いてありました。
封筒を見ると「しごとがんばったね。」と書かれた手紙と もう一つ『ママチケット』と書かれた小さな紙が入っていました。
母:「このママチケットはどうやって使うの?」と 聞くと、
子:「元気になるとき。」
このところ連日忙しく過ごしている私を見て気遣ってくれたようです。
優しい気持ちに感激しました。


家族で森へ遊びに行った時のこと。
みんなでたくさんの木を拾い、たき火をしました。すると、
子:「わぁ!雪が降ってきたよ!!」
と、空に舞った たき火の灰を見上げて言いました。
白い灰も息子もキラキラ光って見えました。


お風呂上がりに、化粧水をつけている私を じっと見ながら、
子:「ママ、なんでそれつけるん?」
母:「お肌 キレイにするため。」
子:「(自分の名)もつけて〜!だって、ママみたいにかわいくなりたいもん。」
母:「うれしいこと言ってくれるや〜ん。」
少し手に残っていた化粧水をつけてあげると、
子:「かわいくなった?」
と満足気でした。


ある日の明け方、息子の泣き声で目を覚ますと、
母:「どうしたん?」
子:「…こわい夢見た。」と 放心状態に。
母:「どんな夢?」
子:「大きな栗がたくさん追っかけてきた。頭かまれた。」
季節感のあるこわい夢でした。
次は柿に襲われる夢かもしれません。


晩御飯を食べていた時、娘が幼稚園での様子を話してくれた内容がとてもかわいかったので紹介します。
子:「今日なぁ、たんぽぽ組さんにちょうちょさんが遊びに来てん。
みんなのお弁当見てからお外に飛んでいってん。
みんなのお弁当がおいしそうやったから 見に来たんちゃうかなぁ。」
と話してくれました。たんぽぽ組さんでの一コマが目に浮かびました。


おばあちゃんのお友達とウォーキングしていた時のこと。
休憩中におやつをもらい、
子:「元気一杯になったわー!元気100%と200%で300%になった!!」
と大喜び。
「そんなに大きい数の足し算ができるの!!」
と褒めてもらい、ますます絶好調だったそうです。


子:「木って何個か集まったら林とか森になるやろ?」
母:「よく知ってるなぁ。」
子:「じゃあ、月がいっぱい集まったらバナナみたいやから バナナって読むんちゃうかな?」
子どもの発想に感心させられました。


最近、以前より更に手伝いが好きな娘。
子:「お母さん、(自分の名)もっと色々覚えたいねん。」
母:「ありがとう。最近沢山手伝ってくれるね。」
子:「(自分の名)、いいお母さんになりたいねん。」
母:「きっと良いお母さんになれると思うよ!!」


習い事に着ていく服を決める時、
子:「この服、上と下合ってへんやん!これ、これ!これにして。」
と、自分でコーディネートを考えている様子でした。
いつの間にか、格好を気にするようになって、成長を感じました。


ひぃおばあちゃんが入院中で、親戚みんなで千羽鶴を折ろうと話していたとき。
母:「ひぃばあが早く元気になるように気持ちを込めて鶴を折ろうね。」
子:「うん。じゃあ朔は、折ってくれたみんなに『ありがとう鶴』を折るよ。」
思いがけない返事にびっくりしました。
いつまでも優しい気持ちを持ち続けて欲しいと願うパパとママです。


小学生のお兄ちゃんの学校での様子に頭を悩まし、目を閉じて、「あー…。」と
思わず声を出してしまった私。息子がそれを見ていて、
子:「ママ、目開けてごらん。目つむってるから怖いねんで。
目開いたら(自分の名)見えるやろ?大丈夫やで。」
と慰めてくれました。私が何かを怖がっている様に見えた様です。
優しい言葉に癒されました。


二歳年下の弟がママの言うことを聞かなかった時の一言。
子:「そんなワガママじゃ幼稚園に行けないよ!」
四歳児が二歳児を説得するところが可愛かったです。


フレンドのお迎えが遅くなってしまった日のこと。
母:「ご飯の用意をしてたら、こんな時間やってん。」
子:「どうせ、コーヒー飲んでチョコ食べてたんやろー。別にいいけどな。仕事しんどいもんな!」
スミマセン。図星でしたが、優しい言葉でした。


おやつを子どもと一緒に食べている時、
子:「おいしいね。」
母:「うん、おいしいね。最後の一つになっちゃったね。」と言うと、
子:「最後は大好きなお母さんに。」
と言ってお菓子をくれました。
母:「ありがとう。」と受け取り、とても温かい気持ちになりました。


魔法の話をしている時、
母:「何か1つ叶えてもらうなら、何がいいかなー。」
と考えていると、
子:「(自分の名)が魔女になって皆を魔女にしてあげる。そしたら、皆の願い事叶うやん!!」
と。ごもっともな意見でした。


テレビで“1・2、1・2、(いち・に、いち・に)”と走っている子を見た時に、
子:「なんでやねん!ピッピッ、ワンツー、ピッピッ、ワンツーやろ!!」
とつっこみを入れていました。


ロケットの打ち上げのニュースを見ていて、
母:「中止やって、どうしたのかな?」というと、
子:「コンセント、抜けたんちがう。」
母:「……。」


母:「朝刊取って来てくれる?」
子:「いいよ。」
外の郵便ポストまで取りに行こうとしてくれたが、玄関ドアのロックに手が届かず断念。
子:「さすがの5歳も無理やったわ。」


子:「パパ、(自分の名)赤ちゃんの時かわいかった?」
父:「うん。かわいかったよ。」
子:「じゃあ、今もかわいがってよ!!」
とつっこみをいれる娘でした。


お父さんと車でプールへ。駐車場で車を停めていた人が、ドアを長時間開けて荷物の整理をしているのを見て、
子:「そんなんしてたら蚊入るでぇ〜。」
いつも、おばあちゃんが言っている一言でした。(笑)


参観が終わり、数日が過ぎた頃。
子:「ママ…幼稚園に来てくれてありがとう。楽しかった。」
と言っていました。最近だんだんと口が悪くなってきたのでとても感動しました。


10ヶ月の妹がいるのですが、
子:「(自分の名)のところまで、ハイハイしてきたよ!!」
「歯が生えてきて、よかったね!」
「(自分の名)のマネしてパチパチ拍手した!!」
「1人で立ててすごいね!!」
など、日々の成長をすごく喜んでくれてます。優しいお姉ちゃんがいて幸せです。


モータープールの看板を見て、
子:「ママ、どこにプールあるんやろう?」
母:「モータープールって駐車場のことやで。」
子:「えっ!?車のプールなん?」
可愛い勘違いでした。


子:「作戦考えよ。」
今まで、うまく物事がいかなかったら、泣いたり諦めたりしてましたが、前向きな一言。頑張れ!!


朝、珍しく起きないので
母:「幼稚園お休みするの?ママもお仕事お休みだから、ずーっと一緒に寝てる?」
と聞くと、
子:「あっ、起きないと!ママ、ゴメンね。私、幼稚園忙しいねん!」
と。それは失礼しました!


最近乳歯が生え変わり始めた娘。
歯が抜けるという事がとてもショックだったようで、毎日、
子:「いつ生えてくる?」
と涙目で聞いてきます。
『あ〜、本当に成長したなぁ…。』と嬉しくもあり、寂しくもあります。


年少

母が家事をしていて、6歳の兄と遊んでいた時に、
子:「あー、足が棒になった。」
母:「(娘の名)、すごい言葉知ってるね。」
子「え?何?」
と不思議そう。よく見ると、兄と2人で自分たちのお絵描きをしていました。
兄:「手も棒になってるけどな。」
ことわざを知っていたのではなかったようです。(笑)


強い風がふき、落ち葉が道路を滑るように舞っているのを見て、
子:「見て見て!はっぱがかけっこしてるでしょ!」


食事の準備をしている時のこと。
子:「何を作っているの?」
母:「スープを作っているよ。」
子:「ぼくも大きくなったら、ママに作ってあげる。」
こんなことを言われると、少し嬉しい 気持ちになりました。


昼間に空を見て、
子:「あっ!!お月様見つけた〜!!」
母:「本当だね。」
子:「お月様、24時間営業で大変やなぁ。」


テレビで「うどんの作り方」を皆で見ていた時、作り方の説明で、
「ここまでまとまったら、うどんを20分ほど寝かせます。」と先生が言った時、
「えぇー!!うどんって寝るの!?」
と、ビックリした顔をしていました。


母:「お風呂沸いたよ。一緒に入ろう〜。」
テレビに夢中で無視をするので、小声で「アイス食べようか?」と聞くと、
子:「食べる!!食べる〜!!」
聞こえてるやん。


食事の後、お皿を下げる時に、お皿の上にお皿を重ねて、
「お皿が肩車しているね。」と言った。
その発想がかわいい!と思い和みました。


今回、幼稚園がお休みの日だったので、(息子の名)も一緒に立ち合い出産をしてくれました。
陣痛中もママにお茶を飲ませてくれたり、「がんばれ!がんばれ!」と励ましの声を
掛けてくれたり。本当に心強かったです。ありがとう。
妹が産まれてからは、すごく可愛がってくれ、メロメロです。


子:「母さん、見て!コスモスがあるよ。」
母:「コスモス?どこにあるの?」
子:「ココ!!(指さして教えてくれました。)」
母:「これは、くもの巣だよ。」
子:「あ〜。くもの巣か!」
母:「コスモスはきれいなお花の名前だよ。」
子:「そっか〜。」


脱衣所で服を脱ぎながら、洗濯機のボタンに書いてある文字をたどたどしくも一生懸命読んでいた息子。
子:「お父さーん、こんなところにスタートがあるで!見てみ!ゴールどこ?」
運動会の練習頑張っているんだね(笑)


トマト好きな息子が、畑に出来ているトマトを見つけて、
子:「ママー、トマトがいーっぱいできてるよー。見て、見て!!」
母:「ほんとだねー。」
子:「見てたら、めっちゃ食べたくなるわー。」


母:「手洗った?」
子:「洗った!」
父:「歯みがいたか?」
子:「みがいた!!」
と元気よくウソをつくのに、
子:「かあちゃん、今日幼稚園でサッカーしてん。男の子チームが勝ってん。」
という報告は、なぜかもじもじしながら小さい声で言う。


一緒の歯みがきタイム。
子:「ママ、仕上げは(自分の名)がしてあげる。お口、あーんやで。」
と、自分の口も開けて一生懸命に私の歯をみがいてくれました。
子:「はい。ばいきんおらんよ。きれいになったよ。」
ママは初めて人に歯をみがいてもらったよ。とてもうれしかったよ。


子:「お名前呼ばれた人は手をあげて下さい。」
子:「(ママの名前)さん。」
母:「はいっ!」
子:「手〜!手の指!ちゃんとそろってないとかっこよくないよー!」
その目は厳しく、なんだか笑えましたが、幼稚園でしっかり学ばせて頂いてる事に感謝しています。


広場のベンチに寝転び、両手を後ろで組みながら空を見上げ、
子:「あー、(兄の名)が、いっつも大好きって言ってくれたらいいのにな〜(僕のことを)」
とせつなそうにつぶやいていました。いつもケンカをしている兄弟。
弟はそんなことを考えているんだなぁと可愛いつぶやきにキュンとなりました。


午前保育の日、くら寿司にお昼ご飯を食べに行きました。
小学生の兄は給食なので、
母:「にぃにには内緒やで!くらに行ったって言ったらあかんで。」
と口止め。兄が学校から帰ってくると、
子:「にぃに、(自分の名) くらに行ってないで!」
兄:「あ〜!!行ったな!ずるい!!」
ばれてしまいました(^_^;)


夕飯を食べている時、
子:「(自分の名)、がんばって早く食べられる様になるわね!!」
母:「なんで?」
子:「だって、ママは(妹の名)抱っこしてるから、食べられへんやろ?
すぐ代わったるから、ちょっと待ってな!」